知っておきたい!医師のバイトの特徴と魅力

そもそも医師のバイトはどのようなもの?

医師のバイトで一番多いのは、医療機関の非常勤医師となって勤務するケースです。非常勤勤務の場合、常勤ではなく医療機関が定めた所定の労働時間だけ働きます。そのため、常勤勤務と比べると勤務日数や時間の調整がしやすい点が特徴的。

こうした非常勤勤務は、さらに大きく分けて2つに分類できます。その1つが、一定期間決められた曜日あるいは時間帯で医療機関に勤務する「定期非常勤」、もう1つが単発で勤務する「スポット」と呼ばれる形態です。

バイトをするメリットと聞くと、収入アップを思い浮かべる人が多いでしょう。医師のバイトでは時給は様々ですが、ベテラン医師の場合には1万円前後の相場が多くなっています。一方、若手の医師は8,000円から1万円程度のケースが多いようです。1日8時間の勤務なら6万4,000円から10万円前後、毎週勤務する場合は年間で300万から480万円ほどの増収が見込めます。

副収入だけが利点ではない!経験が積める医師のバイト

副収入を得られることはもちろん、医師のバイトには別の利点があります。それはスキルアップの機会が得られること。例えば、専門医研修中の医師の中には、様々な理由から症例がなかなか集められず、症例の数を増やしたいという理由でバイトを探す方も存在します。

また、大学の医局を出た後に開業した医師が「もっと幅広い疾患を診て経験を増やしたい」という理由から、スキルアップを目的にバイトするケースも。医療機関などによっては症例に偏りが生じる可能性があるため、臨床経験を豊富に積んでおきたい方は、医師のバイトを選択肢に入れても良いでしょう。

医師を非常勤で勤めるとは、医師の業務をフルタイムでこなすのではなく、決まった日や時間だけ勤めることです。