労働者の強い味方!産業医ってどんな仕事?

職場になくてはならない産業医

産業医とは、企業などで働く人達の健康管理を行うことを業務とする医師のことで、事業場に常時50人以上の労働者を有する場合は1人以上、3000人以上であれば2人以上の産業医を選任する義務があります。

労働者の健康の管理をするとは、就業時間や内容の削減や働く上での助言や指導、場合によっては休職や復職の判断を行うことを意味します。

ですので、労働者の健康診断や精神的な負荷や疾患などの有無のチェックを行い、労働者が健康的に働けるようにサポートをすることが主な仕事です。

企業内に常駐するパターンと嘱託で企業に出向くパターンがあり、契約を結ぶ企業によって異なります。また、事業場や職業形態の改善が必要と判断した場合、事業主に勧告を行うこともできます。

産業医になるにはどうするの?

産業医になるには医師免許を取得する必要があり、その他にも研修を受けて単位を50単位以上取得しなければなりません。また、産業医は医師ですが、診断や治療を行う事が出来ず、治療が必要だと判断した場合は医療施設を紹介することになります。

ですので、産業医は疾患を持つ患者さんを助けたい人よりも、健康な人・何らかの疾患が見つかった人の力になりたい人に向いている仕事です。

さらに、労働環境や労働者の状況・状態を見極め、的確なアドバイスや判断を行える、守秘義務をきちんと守れることも大切です。

また、契約する企業にもよりますが、夜勤の無い企業の場合ですと、企業の勤務時間内で業務を行うため、休日出勤も無く労働環境は整っていると言えます。

このところ産業医の求人が増えているようです。これは、働く社会人が、病気を抱えながら働いていることが多いのではないでしょうか。産業医の募集が増えているのは、考え深いことのようです。