意外と簡単!英文履歴書の書き方のノウハウ

英文履歴書と日本の履歴書の違い

英文履歴書を準備するとなると、何から書き始めればよいのかよくわからない方が多いのではないでしょうか。そもそも「レジュメ」とも呼ばれる英文履歴書には、日本で市販されている日本式の履歴書のような様式は存在しません。A4用紙に、自らの氏名や連絡先をはじめ、学歴や技能を自分の好きなように書いていきます。パソコンにインストールされている文書作成ソフトを使用すれば基本的に問題はなく、分量としてはA4用紙2枚程度に収めるのが一般的です。このように英文履歴書は書き方が日本式の履歴書とは全く異なるため、どのような内容をどのように書くのか、すなわち自分をいかにアピールするのかをよく考えておくことが大切です。

英文履歴書の内容とフォーマット

英文履歴書に書くべき内容ですが、基本的には氏名・連絡先(住所、Eメールアドレス等)・学歴・職歴・資格などが必須項目です。日本の履歴書のように、性別を書く必要はありません。また、実際に学歴などを書くにあたって、いくつかフォーマットが存在します。学歴や職歴を項目別に時系列に沿って書いていく方法と(クロノロジカルレジュメ)、専門技能のみをまとめていく方式(ファンクショナルレジュメ)の二つです。前者は職歴に空白がない人にとって有効ですし、後者は技能を持っているが職歴に空白期間がある人に適しています。それぞれ一長一短がありますので、自身の経歴や技能を考慮して書きやすい方を選ぶとよいでしょう。どちらのフォーマットでも共通しているのが、履歴書の一番上に氏名と連絡先を記入する点です。ぜひ忘れないようにしてくださいね。

英文レジュメを作成する際は日本では古い順に記載しますが英文だと現在を最初として過去にさかのぼって記載していきます。