思い立ったらすぐに住み始められるマンスリーマンション

保証人・保証会社いらず

マンスリーマンションは前払いで半分ホテルのようなもののため、ホテルに泊まる際に「宿泊審査」のようなものがないのと同様に、入居審査がないところが業界大手内で存在します。また、一般的な賃貸住宅に住む場合は、保証人に書類を書いてもらったり保証会社を利用するための書類を書く必要がありますが、保証人や保証会社も不要です。緊急連絡先の記入くらいはあるものの、お金さえ払えば一般的な賃貸契約と比べて明確に契約がスムーズに進みます。

最短3日程度で一人暮らしをはじめられる

一般的な賃貸物件の場合、内見・書類記入・入居審査などを経て初期費用を払った後にようやく鍵を渡してもらえるため、住み始める1か月くらい前から色々な準備を進めなければならないところがあります。しかし、ホテルに近いマンスリーマンションであれば、内見のために一度現地に行く必然性はありません。そして、WEBからクレジットカードで利用料を前払いする形の業者であれば、申し込み後に最寄り店舗に行って契約を済ませ、引越しの準備をします。そして、引越し当日に物件の最寄り店舗で鍵をもらえば、家具・家電付きなので、急いでいる場合、申し込む業者によっては申込日から最短3日程度で十分引越しが出来ます。

同じ建物・近くの建物内への引越しもラクラク

マンスリーマンションとは、契約途中で、その部屋の新たな居住者の募集がスタートしてしまいます。そして、契約を延長しようとした時に今住んでいる部屋の新たな居住者が決まってしまった場合は、退室しなければなりません。しかし、家具・家電付きなので、現在住んでいる地域に引き続き住み続けたい場合は、引っ越し業者要らずで身一つで同じ建物か近くの建物の部屋を新たに契約し、住み替えることが出来ます。

マンスリーマンションとは月単位で住む場所を借りることができる所です。必要最低限の家具や家電があるので、少ない荷物で移り住むことができます。