転職活動はどのタイミングでスタートする?!

現職企業の待遇面の不満やさらなるスキルアップをするためなど、転職理由は人によって様々です。それでは、転職活動はどのようなタイミングで始めるのが良いのでしょうか?転職活動を始めるタイミングは大きく分けて二つあり、在職中か退職後のどちらかのタイミングで始めることになります。まず、在職中に転職活動を始める場合、収入面の心配をする必要がないというメリットがあります。しかし、現職企業の仕事をしながら転職活動を行うため、採用試験や面接などのスケジュール調整が難しくなるというデメリットがあります。一方、退職後に転職活動を始める場合、転職活動に割く時間を自由に捻出できるというメリットがあります。しかし、収入がストップしてしまうので、転職活動が思うように進まなかった場合のデメリットは非常に大きくなります。

求人票を見極めるコツとは?!

在職中であれ退職後であれ、転職活動を始めてよく目にすることになるのが企業が掲載する求人票です。基本的に求人票には、給与や勤務日数、休暇についてなどの募集要項が書かれています。ほとんどの人が募集要項の内容が自分の希望するものに近いかどうかで、転職先の企業を決めることになるでしょう。この時注意しなければならないことが、求人票に書かれている内容と掲載期間です。まず、募集要項の内容が同業他社に比べて極端に好条件のものには注意が必要です。単純に即戦力を求めているだけかもしれませんが、極端に好条件にしなければ従業員が継続して勤務してくれない職場の可能性もあるからです。また、いつまでも掲載しっぱなしの求人票も避けておいたほうが良いでしょう。こちらも、常に人手不足の職場である可能性が高いからです。

ネットワークエンジニアの仕事は大変ではあるもののやりがいのある仕事です。ただ、ネットワークは24時間止めることができないので仕事時間がどうしても不規則になりがちでそこが大変です。